ハイブリッドカーに乗る前に|[PR]|カーボンクリーナー Three Bond 6601K 忍者ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

カーボンクリーナー Three Bond 6601K

そう言えば先日、係りつけのスバルディーラーにて
12ヶ月点検を受けてきた時に薦められたカーボンクリーナー、Three Bond 6601K。

カーボンクリーナー Three Bond 6601K
またの名を、点滴w

カーボンクリーナーとは「燃焼系統および吸気系統に堆積したカーボンを除去し、
燃焼効率と吸気効率を回復させるカーボン除去剤」とのこと。

要は燃焼室のクリーニングで、
施工方法を見ると点滴みたいでウケましたw

施工効果として、
・排気ガスのクリーン化
・低燃費化
・アクセスレスポンスの向上
など謳われたっておられたので、
帰り道は少し遠回りして帰ると、体感的に違いますね~
アクセルを踏む感覚が軽くなりました。
3速で繋がる範囲も広くなりました。

カーボンクリーナーについて、さらに詳しく説明を聞かされると、
サージタンクから、インテークマニホールド、燃焼室へとダイレクトに液剤を注入する事により、
ワニスやガム、カーボン等を除去=燃焼室がキレイになる。

ってことは「新車時のエンジンみたいに蘇るの?」ってな素朴な問いに対しては、
ニュアンスが少し違ったみたいですが、
(そもそも新車時の感覚なんて既に忘れたw)
エンジンオイルを交換した時以上に、
アクセルが軽くなった=エンジンが元気になった感が伝わってきました。

高年式、多走行車、普段の走行距離が短いお車にお勧めとのことで、
「遠出ドライブ」と「近場でチョイ乗り」の2極化が激しくなりつつ今日この頃のフォレスターにとって、良いリフレッシュになってくれた模様です。

1万キロ毎の注入が推奨みたいですが、
1年に1回、12ヶ月点検の時で十分かなぁとも思います。

拍手[1回]

PR
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

PREV | TOP | NEXT

       

新車情報(スバル)

新車情報(MINI)

新車情報(FIAT)

新車情報(トヨタ)

新車情報(ホンダ)

新車情報(ルノー)

新車情報(マツダ)

新車情報(日産)

新車情報(スズキ)

新車情報(軽自動車)